読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operator Symbol

Arduinoでプログラムを作るときに、演算子で条件などを表す必要がある。
数式とは異なる使い方をするので注意する。

 

【 = 】

=は、代入演算子(assignment operator)で、右側の値を左の変数に入れる。

Example

int sensVal; // declare an integer variable named sensVal
sensVal = analogRead(0); // store the (digitized) input voltage at analog pin 0 in SensVal

 

【 == != < > <= >= 】

if文などで使われる比較演算子
==は数学でいう「=」のように等号として使う。

 

【 && || ! 】

if文などで使われる論理演算子
&&はAND、||はOR、!はNOT

 

【 ++ -- 】

++は加算代入で変数に1を加える。 --は-1
後に++がつく場合は、1は加えるが、返すのは古い値になる。

Syntax

x++;  // increment x by one and returns the old value of x
++x;  // increment x by one and returns the new value of x

Examples

x = 2;
y = ++x;      // x now contains 3, y contains 3
y = x--;      // x contains 2 again, y still contains 3 

 

【 += -= *= /= %= &= |= 】

+=は元の変数に右の値を加える。

Examples

x = 2;
x += 4;      // x now contains 6
x -= 3;      // x now contains 3
x *= 10;     // x now contains 30
x /= 2;      // x now contains 15
x %= 5;      // x now contains 0