読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

if

ifは指定した条件を満たした場合にのみ、その後のプログラムを実行する。https://www.arduino.cc/en/Reference/If

if (someVariable > 50)
{
  // do something here
}

下記のような書き方でもOK

if (x > 120) digitalWrite(LEDpin, HIGH); 

if (x > 120)
digitalWrite(LEDpin, HIGH); 

if (x > 120){ digitalWrite(LEDpin, HIGH); } 

if (x > 120){ 
  digitalWrite(LEDpin1, HIGH);
  digitalWrite(LEDpin2, HIGH); 
}                                 // all are correct 

 

elseは条件を満たさなかった場合に実行する内容も記述できる。https://www.arduino.cc/en/Reference/Else

if (pinFiveInput < 500)
{
  // action A
}
else
{
  // action B
}

else ifと続けることで、別の条件を続けて記述することが出来る。

if (pinFiveInput < 500)
{
  // do Thing A
}
else if (pinFiveInput >= 1000)
{
  // do Thing B
}
else
{
  // do Thing C
}

条件に合った場合、そのブロックのコードが実行され他は無視される。条件に合うものがない場合、elseのブロックが実行される。

チュートリアル
https://www.arduino.cc/en/Tutorial/ifStatementConditional